ITエンジニアの開発合宿にお勧めの宿泊施設5選-関東篇-

hotel86_washitunoocya20150124135505_tp_v

みなさんこんにちは。
旅行比較サイトを見ていたら旅行に行った気になって結局どこにも行かないことでお馴染みのクラッチ2号です。

さて、みなさんは開発合宿ってご存知ですか?
普段の生活環境、都会の喧噪から離れて観光地などで宿を借りて、開発チーム、プロジェクトごとで寝食をともにして一つのプロダクトを作ったりビジョンを固めたりする合宿です。

最近では都心からもアクセスしやすいところでも盛り上がりを見せており、積極的に誘致している都市もあるようです。

少し前ですが、横須賀市がITキャンプという名目で開発チーム奨励を行っており話題になっていました。

【出典】http://sogyotecho.jp/yokosuka-interview/
開発合宿が無料でできる!横須賀市長が語る「太っ腹」ベンチャー支援

こういった取組は既に定番化しつつあるようで、宿泊施設側が専用のプランを設けているのでまだ開発合宿未経験の方はこの際に検討してみてください。
※見るだけみて満足されないようにご注意ください。

今回は私達編集部がお仕事をご一緒しているフリーランスエンジニア数名にヒアリングした結果を、ITエンジニアの開発合宿にお勧めの宿泊施設5選と題してお伝えします。

と、その前に。開発合宿用の旅館と普通の旅館の違いって?

この記事を読まれてる皆様の中には「結局普通の旅館と何が違うんじゃ」という疑問を持ってらっしゃる方もいるかと思います。

最も違う点は、宿泊施設側がプランとして用意し、開発環境を用意している、というところです。
さすがにプロジェクタやホワイトボードが完備されてる老舗旅館なんて通常は無いですよね?
スタジオジブリの描く神々の温泉にもそんな描写はありませんでした。

開発に必要な環境が完備され、かつリフレッシュする舞台装置もしっかり用意されている、
これこそが開発合宿推奨旅館とそうでない通常の旅館の最大の相違点です。

横浜駅からわずか50分!老舗温泉旅館おんやど恵で開発合宿

まずは”開発合宿”で検索したら飛び込んで来るおんやど恵。

【出典】http://www.onyadomegumi.co.jp/menu.php?obj=369&now=2459

会議室にはW-Fi、ホワイトボード、プロジェクター,電源延長ケーブルといった開発に必要なものが完備されています。

開発ベースとなる会議室は24時間利用可能、温泉も何と24時間利用可能とのことなので、オンオフいつでも切り替えられるというトンデモ環境です。
いやあ、そこに行けばどんな夢も叶うというガンダーラってこんなところにあったんですね。

エンジニア曰く、やはりアクセスの良さというのはとても重要だそうで、たいてい土日を使って行く為、遠方だと本当に帰りが大変で翌日に響いてしまうとのことでした。
歳じゃないですか?

予約はこちらから

いきな湯河原・いなせなお宿|温泉旅館 おんやど恵

伊東に行くなら山喜♪電話は0120-66-4124♪


【出典】http://www.ito-yamaki.jp/

続いて伊豆伊東で昭和15年から伝統ある経営をしている山喜旅館。
温泉、会議室はもちろん、ジムも完備されており心技体すべてを網羅していると言っても過言ではありません。
実は私もこちらは一度利用したことがあります。
お屋敷の様な立派な造りで「本当にここで合ってるよな・・・?」
と思いながら通されましたが、会議室に入るとそこはホワイトボードと白色蛍光灯(あまりにも白い。さながら、精神と時の部屋である)、無数のカラーペンに延長ケーブル。もちろん無線Wi-Fiもある完璧な開発環境!
伝統的な旅館は世を忍ぶ仮の姿で、実はコワーキングスペースなんじゃないか、というくらい表とのギャップがありました。

案の定開発チームはそこで後に繋がるプロダクト造りがしっかり出来ていました。
ごはんがとっても美味しかったです。

予約はこちらから

伊豆伊東温泉の格安旅館、会席料理と24時間入浴の自家源泉、山喜旅館

開発合宿に飽きたら弓道合宿ができる!?土善旅館


【出典】http://www.dozenryokan.com/

こちらは千葉県は香取郡の土善旅館。電車だと東京駅から約2時間で到着します。

近くにはゴルフ場があったり、春先はいちご狩りのスポットがあったり、リゾート地の一面もありますが、しっかり開発環境も整っております。
近くには利根川が流れており、気分転換に散歩をしたらうっかり日本最大級の一級河川と遭遇する、なんてこともあるかもしれませんね。

無線Wi-fiはもちろん、電源も完備。
温泉は腰痛/肩こり/痔/神経痛/疲労回復/リウマチ/冷え性に効能効果があるそうなので、座り仕事の多いエンジニアの皆様には願ったり叶ったりの環境ではないでしょうか?

予約はこちらから

土善旅館[弓道合宿・開発合宿]

千行のコードも一行から。炭火焼きの宿・ペンションはじめの一歩


【出典】http://ippo.jp/internet/internet.html
自然溢れる栃木県日光にある炭火焼きの宿・ペンションはじめのいっぽ。
霧降高原にあるこちらのペンションはプログラマーの開発合宿聖地として定着してきているようです。
先日行ったエンジニア交流会でも話題になっていました。
はてなさんが元々使われて、そこから徐々に訪れる方が増えていったようです。

無線/有線LAN、プロジェクタ、ホワイトボード、電源ケーブル完備、世界遺産のお膝元で遺産を作っていけるなんて、とても粋ではありませんか。

予約はこちらから

日光東照宮至近の炭火焼きの宿・ペンションはじめのいっぽ

避暑地だから空冷ファンいらず。八ヶ岳の伊予ロッヂで開発合宿


新宿からおよそ3時間半、避暑地としても有名な八ヶ岳にある伊予ロッヂさん。
こちらの伊予ロッヂさんがこれまで紹介してきた宿泊施設と最も異なるのは標高。
一都三県で勤めている方からすると普段とは違う空気感に新鮮さを感じるかもしれません。

「あれ、空気ってこんなに美味しかったっけ?」冗談ではなく本当に思ったそうです。
避暑地である所以ですが山に近いためひんやりしており夏でも過ごし易い為、
開発環境はもちろんのこと、自然由来の人間が集中しやすい環境がしっかり用意されているというのが大きな特徴です。

予約はこちらから

八ヶ岳山麓清里高原 《伊予ロッヂ》 – サークル合宿,ゼミ合宿,研修合宿等におすすめの宿泊施設 合宿施設 多目的ホールのある民宿

今回は関東5選でご紹介しましたが、まだまだ「ここがない」「あそこがない」とご意見があるかと思います。

私自身はエンジニアでは無いので、いわゆるプロダクトやサービスの開発合宿とは縁遠いのですが、
戦略会議合宿等も同じ環境で行えるようですので、是非そういった切り口で合宿参加してみたいと思います。

福利厚生万歳!!

この記事を書いた人:クラッチ 2号

クラッチ 2号

ITフリーランスの案件マッチングサービス「なびくーる」を運営している中の人。 職人気質のエンジニアから特に好印象を持たれる特徴がある。 すごくまじめである。