1. ITフリーランス求人「なびくーる」
  2. 青色申告の流れ

確定申告について

フリーランスの確定申告

確定申告には「青色申告」「白色申告」の2種類の申告方法があります。
青色申告は事前に申請が必要で、複式簿記形式で帳簿を作成しなければならず、手続きが煩雑ですが納税上のメリットが大変大きいのが特徴です。
そのため、申告に慣れて来た方や収入金額が大きい方は、青色申告をお勧め致します。

青色申告のメリット

青色申告のための事前手続き

税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出します。期限があるので要注意!
※開業日を起点に2か月以内、白色申告からの切り替えの場合は同年内3/15まで

申告の準備

支払調書をまとめる

支払元から届かない場合は確認し、どうしてももらえない場合は支払元からの入金額のみを収入にします。

必要経費を計算する

プライベートと両用の携帯電話や自宅兼事務所の通信費等を経費として計上する場合は「按分」計算をします。
他人が聞いて納得できる合理的な割合で設定しましょう。(日数や時間等)

所得から控除できる金額を把握する


青色申告決算書の作成

以下からダウンロードできます。

確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等(国税庁)

エンジニアの場合は、「一般用」で作成します。他で不動産所得等がある場合には、「不動産所得用」の2種類を提出します。
当てはまる欄にのみ記入します。二度手間になりますので2ページ、3ページから書きはじめ、終わったら1ページに転記して4ページに移りましょう。
昨年と比較し、大きな金額の変動がある場合には、「特殊事情」に記入しましょう。

申告方法

所轄の税務署に郵送するる

申告に慣れている方にお勧めします。

所轄の税務署に直接提出する

税務署の職員や税理士にその場で相談することができます。期限末頃になると大変混み合いますのでご注意ください。

電子申告(e-Tax)で申告する

自宅から申告期限内であれば24時間申告可能、ネットバンキングで納税もできますが、「電子証明書」の発行やICカードリーダライタの購入など手間が発生しますので、余裕のある方にお勧め致します。

申告後の手続き

税金を納付する

確定申告の締切日が所得税納付の締切日でもあります。税務署で直接納付するか、銀行の窓口、事前に手続きをすれば口座引き落としも可能です。

還付金の入金を確認する

還付金の支払日は決まっていません。還付確定後、ハガキが送られてきますので確認しましょう。

その他

申告期限にご注意下さい

青色申告をして65万円の控除を受けたい場合は、必ず提出期限を守らなければなりません。期限は基本的に毎年3/15ですが、土日にあたる場合は変動がありますので、以下ページで確認しましょう。

国税庁のホームページ

相談窓口を利用しましょう

各税務署へ電話で相談ができます。
申告期間中は各地に無料相談コーナーが設置されますので、不明な点がある場合は必ず確認しましょう。

※注意点※

  • 本内容はあくまでも情報提供を目的としておりますので、参考にご利用下さい。
  • 確定申告に対する詳細な情報や最新情報は、国税庁のホームページでご確認ください。
  • 申告に対する不明点や判断に迷う事があれば、必ず税務署へお問い合わせ下さい。

会員登録(無料)サービス申し込みはこちら!

ページトップへ戻る