1. ITフリーランス求人「なびくーる」
  2. 面談のポイント

面談のポイント

自己紹介のポイント

重要なのは、「仕事に対する誠実さ」と「人柄」です。
これまでの経歴をしっかり説明できるようにしておきましょう。

ネガティブ発言は避ける

緊張してしまい、多少受け答えがぎこちなくても大丈夫です。
ネガティブな発言が目立たなければ、クライアントにそれほど悪い印象は与えません。
まずは、しっかりと挨拶をすることを心がけましょう。

面談はクライアント側主導で

自分が話し上手でも、打ち合わせのペースはクライアント側に合わせましょう。
よく必要以上に話し過ぎて話のまとまりがないのはNG
相手から聞かれたことに的確に返答しましょう。
相手が自分に何を求めているかを見抜き、要望に応えましょう。

最後の質問

最後に「何か質問は・・・」と、よく聞かれますが、「とりあえず大丈夫です」というのは避けて下さい。
何も質問しないのは、興味がないと思われてしまいます。 些細なことでもよいので必ず質問しましょう。

    • 【例1】参画にあたり、前もって勉強した方がよいことはありますか?
      【例2】参画までに準備した方がよいものはございますか? ・・・など
  • 但し、面談の時に、「残業」、「休日」、「服装」、などプロジェクトに直接関係のない就業条件に関するような質問は避けましょう。

    現場に着任する場合の詳細事項の確認と調整は、エージェントが行います。
    そのため、面談ではあくまで前向きな自己紹介と対象の業務内容の確認までに留めて下さい。
    契約条件に関わる質問や聞き逃した質問がある場合は、打ち合わせ後にエージェントに言っていただければ、後程確認いたします。

    会員登録(無料)サービス申し込みはこちら!

    ページトップへ戻る