1. ITフリーランス求人「なびくーる」
  2. スキルシート書き方ガイド

スキルシート書き方ガイド

あなたの経歴を書きましょう

Point1これまでの担当業務を
アピールしよう!
これまで携わってきた業務の担当フェーズ、期間、チーム、スキルなどを具体的に書き出しましょう。
数字目標に対する達成率など、書く事が出来る項目があれば記載しましょう。
Point2売り込める経験を
盛り込んでいこう!
お客様との折衝やメンバー教育、リーダー経験があれば、具体的にどの様な業務を行ったか書き出しましょう。
Point3知識、スキルを
アピールしよう!
あなたが持っている知識、能力、経験や取得した資格があれば積極的に書き出してください。

あなたの持っているスキルが明らかになりましたので、そちらをまとめましょう。

書き出した項目をまとめましょう

経歴の洗い出しが終わったらまとめの作業です。

書き出す前に知っておきたい基礎知識
  • A4用紙で2枚程度、多くても4枚程度。
  • 箇条書きで簡潔にまとめる。
  • 文末は「です、ます」調ではなく、言い切るように統一。
  • 守秘義務を結んでいるプロジェクトに携わっていた場合は、企業名は「ソーシャルゲーム会社」など伏せて記載。
  • 普段使っている用語か社内用語の可能性があるか調べること。
  • 期間は西暦で記入。

※(!)バルーンもしくは赤枠をクリックするとヒントが出てきます。

スキルシート

スキルシート

スキルシート

スキルシート

スキルシート

スキルシート

スキルシート

スキルシート

資格

資格名称は略さず、正式名称を記入しましょう。
初級のものであっても記入をしましょう。

保有技術・得意分野

実務経験で使用した事のある技術だけでなく、扱える技術は出来るだけ記入しましょう。
詳細は実務経験を記載する部分があるので、そこで書きましょう。
この時点では箇条書きで大丈夫です。

自己pr

自分の強みを書きましょう。スキルチェンジ時、応募する仕事の要件に自分のレベルが達していない場合はここで補いましょう。今後どうなりたいか、目標について具体的に書きましょう。
所属している会社や、その他不平不満はマイナスイメージにつながるので控えること。

業種(稼動月数)

具体的な企業名を記入する必要はありません。簡潔に業種だけを記入しましょう。

プロジェクト名/担当作業(メンバー数)

具体的にどの様なプロジェクトで何を担当したかを記入しましょう。
また、プロジェクトを通して身につけたスキルや業務への貢献度が分かるものがあれば記入しましょう。
マネージメント経験、予算管理、公表出来る制作物のURLがあれば記入しましょう。

環境・言語・DB

プロジェクトで使用した環境・言語・DBについて詳細を記入しましょう。
略称ではなく、正式名称を使用しましょう。

担当工程

プロジェクトにおいて、どの部分を担当したかを簡潔に記入しましょう。

最後に見直しをしましょう

誤字、脱字、経歴に問題ないか最後にもう一度確認をしましょう。
また、印刷プレビューをして印刷時の表記のズレがないかも忘れずに確認しましょう。

スキルシートダウンロード

会員登録(無料)サービス申し込みはこちら!

ページトップへ戻る